ドロドロ血液改善かわら版

フォーチュンのドロドロ血液勧誘

医療サービス会社である「フォーチュンパシフィックホールディングス」(東京都千代田区)が運営する診療所に勤める女性が逮捕されました。

女性は中国出身で、医師の資格が無いにも関わらず患者を触診するなどしていました。こういった行為は、医療行為であり、医師資格がなければ出来ない行為です。

実際に行った行為は、触診・問診・薬の処方などです。

フォーチュンパシフィックホールディングスは、会員制クラブを運営していて、100万円の入会金を払うと鍼・人間ドックなどを提供するサービスを展開しています。

入会の勧誘の際『検査の結果血液がドロドロです』と言われて入会を勧誘されたなどと国民生活センターなどの相談受付機関に相談が寄せられていました。

赤血球について(2)

赤血球は、ヘモグロビン分子を含んでいます。
ヘモグロビン分子の数は、1つの赤血球に対して数億あるというのですから、驚きです。

ヘモグロビン分子は、水素や炭素、鉄分子などといった物質で構成されています。赤血球が酸素を運ぶ事ができるのは、鉄分子のおかげなのです。

緻密に作られた赤血球は、骨髄で造られて約120日間の活動を開始します。赤血球の寿命は約120日間ですが、その間に体内を10万回以上巡ると言われています。

つまり、1日に833回以上循環するのですね。単純に計算して1時間に30回以上なので、2分で1回体内をめぐっている計算になります。
タグ:赤血球 血液

赤血球について(2)

赤血球は、ヘモグロビン分子を含んでいます。
ヘモグロビン分子の数は、1つの赤血球に対して数億あるというのですから、驚きです。

ヘモグロビン分子は、水素や炭素、鉄分子などといった物質で構成されています。赤血球が酸素を運ぶ事ができるのは、鉄分子のおかげなのです。

緻密に作られた赤血球は、骨髄で造られて約120日間の活動を開始します。赤血球の寿命は約120日間ですが、その間に体内を10万回以上巡ると言われています。

つまり、1日に833回以上循環するのですね。単純に計算して1時間に30回以上なので、2分で1回体内をめぐっている計算になります。
タグ:赤血球 血液

ドロドロ血液改善かわら版へようこそ

ドロドロ血液改善かわら版へようこそ!

このサイトは、ドロドロ血液をサラサラ血液へ改善するため、あなたのお役に立ちそうな情報を提供するサイトです。

情報は、各カテゴリーに記載されています。
右サイドバーからお読みになりたい内容をクリックのうえ、ご覧ください。

サラサラな血液をつくり、健康な生活を送りましょう。


ilm17_ca04011-s.jpg

血液とは

血液は、私達の体内をくまなく巡り、細胞の活動に必要な酸素や栄養物を運搬し、体内の老廃物を回収するなどといった役割を持つ液体です。

血液は、ポンプの役割をしている心臓によって体内に送り出され、その量は体重の8〜10%を占めると言われています。

血液は、体内に存在する『造血器官』で生産されていて、成分は大きく分けて『有形成分』と『無形成分』に区別することができます。

有形成分は、「赤血球」「白血球」「血小板」からなり、血液の約4割を占めている固形分です。

無形成分は「血漿(けっしょう)」と呼ばれ、血液の約6割を占めています。血漿の約90%は水で、その中には「たんぱく質」「糖質」「脂質」「酵素」「ビタミン」「ホルモン」など細胞が必要とする多くの養分が溶け込んでいます。

血漿に含まれる成分の中で一番多い「たんぱく質」は、そのほとんどが肝臓で合成されています。

なお、やけどや熱いものに触れた時に水ぶくれができますが、中に溜まった水分が血漿です。

赤血球

赤血球は、赤色で穴の開いていないドーナツ状の形をした血液の主成分の一つです。

赤血球の主な仕事は、酸素や二酸化炭素の運搬であり、体内の細胞は、赤血球により活動源となる酸素の供給を受けて活動しています。酸素を細胞に運搬した赤血球は、体内で生産される不要な二酸化炭素を回収し、肺へと運びます。

赤血球は形を変えることができます。これは、赤血球よりも細い毛細血管を通るためであり、赤血球は毛細血管を通って体の隅々まで酸素を届けてくれるのです。

赤血球の直径は8ミクロン(1ミクロンは100万分の1メートル)と顕微鏡でなければ確認できないほど小さく、1ミリメートル四方に男性で470万個ほど、女性で430万個ほどあると言われています。

寿命は、120日程度と血液中の有形成分の中では最も長寿です。

赤血球にはヘモグロビンという鉄分が含まれています。ヘモグロビンの働きは、酸素や二酸化炭素と結合することです。血液が足りなくなると貧血になると言われていますが、貧血は、体内の鉄分が少なくなったため起こるものであり、ヘモグロビンの減少と関係があるのでしょう。

白血球

白血球は、生体防御に関する血液細胞であり、免疫機能を持つ球体です。
具体的には、体内に侵入した有害な細菌などを攻撃し、体を守る役割を持っています。

普段は、脾臓やリンパ節に貯蔵されており、血液中を循環する白血球は、全白血球数の1%ほどですが、運動時や細菌の侵入時には血中の白血球量が増加します。

白血球は「リンパ球」「顆粒球」などからなり、1ミリメートル四方に4,000〜8,500個存在していて、寿命は4〜5日です。

「リンパ球」は、白血球の30〜40%を占める球体で、体内に侵入した
ウィルスなどの異物を攻撃して退治する役割があります。

殺菌作用を持つ「顆粒球」は、白血球の約60%を占め、体内に侵入した細菌を破壊する「好中球」、寄生虫などの大きな対象を攻撃する「好酸球」、アレルギーに関係していて、生体の免疫機能に関与していると考えられている「好塩基球」に分けられます。

血小板

血小板の役割は、止血です。

赤血球よりもさらに小さい血漿版には粘性があり、怪我などで血管が傷ついた場合、傷口に集まり固まって止血します。

この傷口に集まる反応を「血小板凝集能」と言います。

血小板の数が少なくなると、血が止まりにくくなります。

造血 血を造る器官

血液は、骨髄・脾臓・リンパ節で作られ、これらは造血器官と言われています。

骨髄は、骨の中にある柔らかい部分で、ここでは主に血球が造られます。

脾臓は臓器の一つで、血液を作り出すほか大量に出血した時に骨髄の働きを補って血を造り、古くなった赤血球を壊す働きもあります。
大事な働きをする脾臓ですが、手術で取り除いても命に別状は無いそうです。

リンパ節は、リンパ球体が集まったもので、全身に点在しています。
風邪をひいたとき、耳の前後が腫れた経験があると思いますが、腫れた部分がリンパ節です。
リンパ節では、リンパ球を生産しており、免疫にも深く関わっています。

血の成分と働き

血液は、1日に8000リットルもの量を
心臓から体中に送り出されています。

血は、大きく分けて血漿と血球に分ける事ができます。

血漿は、臓器に栄養を届ける成分で、生命に欠かせない栄養素を含んだ水です。
やけどすると、水ぶくれができますが、この水が血漿です。

血球は、細胞に酸素を届けたり、ウィルスを退治する働きがあります。
大きく分けて、酸素を運ぶ赤血球、ウィルスを退治する白血球、
止血のための血小板に分けられます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。